教員紹介

プロフィール

講師

佐藤 正則
SATO.Masanori

いたずらメールを避けるため、メールアドレスの末尾のpを消しています。お手数ですが、送信の際はメールソフトで末尾にpを加えてください。

専門分野

日本語教育学

所属学会

日本語教育学会、言語文化教育研究学会

略歴

早稲田大学大学院日本語教育研究科修士課程修了

簡単な自己紹介

主な研究テーマは、留学生や元留学生のライフストーリー、日本語教育における実践研究です。ボランティア団体「ことばの市民塾」を主宰し、市民の作文教育にも携わっています。

授業への想い

協働的、自律的な学びをモットーに、留学生一人ひとりの自己実現をサポートしていきたいと思います。

おもな業績

著書

  • ことばの教育を実践する・探究する―活動型日本語教育の広がり(共著) 「研究計画を協働で書く試み―日本語学校の教室を公共性の場として捉える」 凡人社 2008年
  • 実践研究は何をめざすか―日本語教育における実践研究の意味と可能性(共著) 「日本語学校におけるカリキュラム更新―大学院進学クラスの継続的な実践がもたらしたもの」 ココ出版 2014年
  • 日本語教育のための質的研究入門(共著)「なぜ私は学習者のライフストーリーを聴き続けるのか」 ココ出版 2015年
  • 日本語教育学としてのライフストーリー(共著)「語り手の「声」と教育実践を媒介する私の応答責任」 くろしお出版 2015年
  • 市民性形成とことばの教育(共著)「市民として教師として―日本語教師としての自己言及的な視点から」 くろしお出版 2016年
  • キャリアデザインのための自己表現‐過去・現在・未来を結ぶバイオグラフィ(共著)「わたしを語る場とは何か‐子どもたちの居場所としての作文活動」東京図書2017年

論文

  • 協働的に学び合うための授業デザインとその改善―実践の更新を可能にするものは何か WEB版日本語教育実践研究フォーラム 2008年
  • 協働の理念に基づいたカリキュラムの継続的な更新にむけて―学習者は大学院進学クラスのカリキュラムをどのように捉えているか―(共著)アカデミック・ジャパニーズ・ジャーナル3号pp.33-46 2011年
  • カリキュラム更新における教師間の協働―協働的に学び合う授業デザインの実践にむけて―(共著)WEB版日本語教育実践研究フォーラム 2011年
  • 留学経験の意味と自己実現についての考察―元留学生のライフストーリーから 言語文化教育研究11号 p.308-327 2013年
  • 日本語教育を実践する私がライフストーリーを研究することの意味―元私費留学生のライフストーリーから リテラシーズ14号 p.55-71 2014年

学会発表

  • ライフストーリーからみる日本語学校卒業後の学びと成長 日本語教育学会秋季大会 2010年
  • 日本語第二言語話者としての留学生のアイデンティティの形成と更新 日本語教育国際研究大会 2012年
  • 日本語教育におけるライフストーリー研究の意義と課題 日本語教育学会春季大会パネルセッション 2013年
  • 日本語教育の多様化とアカデミック・ジャパニーズの理念の広がり 日本語教育学会秋季大会パネルセッション 2013年
  • 日本企業に就職した元留学生のライフストーリー 日本語教育学会秋季大会 2015年
  • 市民性とことばの教育(パネルセッション) 日本語教育国際研究大会 2014年
  • 中国人女子留学生のライフストーリーからみる留学動機と将来像(共同発表) 言語文化教育研究学会年次大会 2015年
  • 「箱根会議」の日本語教育的意味―当事者たちのライフストーリーから(共同発表) 言語文化教育研究学会年次大会 2017年
  • 『実践研究の手引き』編集の背景と日本語教育的意味-編著者らへのインタビュー調査から-(共同発表)日本語教育学会春季大会2017
  • 「公共性」を生み出す言語教育とは何か-二つの教育実践の営みから-(共同発表)日本語教育学会秋季大会2017
  • 留学生のキャリア意識とキャリア支援の「ずれ」を考える-日本語学校・短大・大学の留学生の語りから 言語文化教育研究学会パネルセッション2018年
  • アカデミック・ジャパニーズのこれまでとこれから(パネルディスカッション) 韓国日語教育学会・言語文化教育研究学会共同開催第34回冬季国際学術大会 2018年12月
  • 日本語教師は留学生のキャリア形成をどのように捉えているか―日本語教師の相互インタビューから(ポスター共同)日本語教育学会秋季大会 2019年3月
  • 留学生10万人計画時代における日本語教師のライフストーリー(口頭発表・共同) 言語文化教育研究学会年次大会 2019年3月
  • ことばの市民塾における場の意味―公共性と親密性のあいだ(ポスター発表・共同) 言語文化教育研究学会年次大会 2019年3月

その他

  • 実践現場で教える人のための『研究計画書デザイン』(寄稿エッセイ)「増補改訂 研究計画書デザイン」東京図書 2015年
  • 私自身が聞き手ではないライフストーリーの対話的な解釈へ―アーカイブ作成の一歩手前で思うこと『語りの地平』Vol.3,日本ライフストーリー研究所 2018年

学外の活動

アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会 2008年~(2014年~2017年 副代表)
日本語教育学会研究集会委員会 関東地区委員 2013年~2016年(2015年~2016年 委員長)
言語文化教育研究学会理事 2014年~
日本語教育学会チャレンジ支援委員会 2018年~

アクセス

資料請求

簡単相談