FAQよくある質問

  • HOME
  • FAQよくある質問

学校・学科選びFAQ

専門学校と短期大学とではどのような違いがありますか?
まずは専門学校と短期大学の役割を整理してみましょう。学校教育法の中で専門学校は、 実践的な職業教育、専門的な技術教育を行う教育機関として、多岐にわたる分野でスペシャリストを育成しています。短期大学の個性・特色は、短期間で大学としての教養教育やそれを基礎とした専門教育を提供する点にあります。(文部科学省ホームページ参照)

美容系の専門学校は技術に特化しており、授業の8割が専門科目になります。一方で山野美容芸術短期大学では、大学機関として技術だけではなく、教養科目を学び、さらにはすべての授業を通して、主体的な学びの姿勢、課題の解決能力を身に付けていきます。

短期大学と専門学校の違いについてはこちら

他の大学や専門学校を卒業してから山野美容芸術短期大学に入学する人は多いですか?
はい。大学や専門学校を卒業してから、また一度社会人となってから、山野短大に入学する方が増えてきています。
こういった方を対象に、本学では入学試験に社会人特別選抜を設けています。

入学試験 社会人特別選抜について知りたい方はこちら

高校の授業で理系と文系のどちらを選択したほうがよいですか?
理系と文系どちらでもかまいません。より興味のある方をしっかり学んでおいてください。高校でどのような選択をしていても、山野短大で充分に学ぶことができます。

美容デザイン専攻とエステティック専攻では美容技術を行う上での関連科目として、解剖学、生理学、衛生管理技術などの科目もありますが、基礎から学ぶので心配はありません。

本学の3つの専攻とその授業内容についてはこちら

美容デザイン専攻と、他の美容専門学校の違いはどこですか?
美容師国家試験の受験資格が取れるという点だけをみると同じです。ただし学び方に違いがあります。例えば違いは、ヘア、メイク、ネイル、スキンケア、ブライダルなど美容を総合的に学べる点や、幅広い教養科目が学べる点、またすべての授業に論理的思考法や課題の解決能力を身に付ける仕掛けが施されている点です。

短期大学と専門学校の違いについてはこちら

美容デザイン専攻についてはこちらから

国際美容コミュニケーション専攻は、美容デザイン専攻や他の専門学校と比べて、美容の分野で学ぶ内容や、実技のレベルに差はありますか?
国際美容コミュニケーション専攻では、トータルビューティーを基礎から応用まで学びます。ただし、美容師国家試験の受験資格取得を目的としていないので、ヘアに関してはヘアアレンジのみの授業となります。国際美容コミュニケーション専攻では社会人の基礎となるホスピタリティとコミュニケーションのツールとして徹底的に英語を学びます。
美容師を目指す方はまず美容デザイン専攻を検討してみてください。

2つの専攻の違いについてはこちら

どの専攻でもヘアメイクアップアーティストになるための技術が学べますか?
各専攻とも必修科目としてスキンケアやナチュラルメイクなど、メイクアップの基礎は学びます。
将来ヘアメイクアップアーティストとして活躍したいと考えているのであれば、美容デザイン専攻を選ぶとよいでしょう。美容デザイン専攻では美容師免許も取得できるので、仕事の幅が広がります。
さらに、美容デザイン専攻と、国際美容コミュニケーション専攻では、選択授業としてステージメイク、モードメイクの他、ブライダルメイク、特殊メイクなどの応用技術を学びます。
将来ビューティーアドバイザー(美容部員)をめざすなら、国際美容コミュニケーション専攻もよいでしょう。国際美容コミュニケーション専攻では、英語力を身につけるため、グローバルに活躍することができます。

美容デザイン専攻についてはこちらから

国際美容コミュニケーション専攻についてはこちらから

メイクアップの実習ではお化粧を全部落として練習するのですか?
はい。メイクアップの実習は基本的に素肌の上に行います。いわゆる「すっぴん」です。
メイクアップの実習では実際に人の肌に触れることが大切ですから、学生同士がお互いにモデルとなって練習します。授業は男女混合で行いますが、お互いにプロフェッショナルを目指す美容学生ですから、恥ずかしがることはありませんよ。
また、皮膚のトラブルなどの事情があるようでしたら、授業担当の先生に相談してください。パッチテストで確認することや、ウィッグを使用して授業を受けることもできます。

ご相談・お問い合わせについてはこちら

エステティシャンになりたいのですが、志望専攻はエステティック専攻でよいのですか?
はい。エステティシャンを目指すならば、エステティック専攻が最適です。エステティックの授業に加えて、アロマテラピーやリフレクソロジーも学べます。
このほかに、心理学、栄養と健康、美容福祉、英語や経営理論の授業も充実しているので、単なる技術者ではなく、エステティックのリーダーを目指すことができます。認定エステティシャン受験資格が得られるほか、認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)、AEA上級認定エステティシャンの資格が目指せます。

エステティック専攻についてはこちらから

エステティシャンになりたい場合でも美容師国家試験を受けるのですか?
いいえ。エステティック専攻では美容師の資格取得は目的としていません。
しかし、認定エステティシャン受験資格が得られるほか、認定トータルエステティックアドバイザー(TEA)、AEA上級認定エステティシャンの資格が目指せます。ヘアやメイクの知識を学ぶことで、より信頼されるエステティシャンになることができるでしょう。そこで、エステティック専攻ではヘアケアやメイクアップ、ネイルの基礎を必修科目として学びます。
美容師を目指す方は美容デザイン専攻を選んでください。
ネイルの勉強をしたいのですが、どの専攻にもネイルの授業はありますか?
はい。ネイルに必要な知識と技術は3専攻ともに必修で学ぶことができます。
さらに、エステティック専攻ではペディキュアの授業もあります。ネイリストを目指す方は、エステティック専攻を選ぶとよいでしょう。
国際美容コミュニケーション専攻なら将来、美容師として海外で活躍することができますか?
国際美容コミュニケーション専攻ではトータルビューティーを学びますが、美容師の国家資格取得はできません。美容デザイン専攻のグローバルスタイリスプログラムを履修することをおすすめします。
海外で美容師として働く場合にはその国の法律に従って働くことになります。国によって美容師の資格条件を調べておく必要があります。(日本の美容師免許を書き換えて使える国もありますし、受験条件に日本での実務経験を考慮してくれるケースもあります。)

近年では、海外からわざわざ髪を切るために日本へ来る方々もいます。日本人としてのきめ細やかなおもてなしが評価を得ているのでしょう。

美容デザイン専攻グローバルスタイリストプログラムについてはこちらから

文系なので物理、化学、生物は高校で習っていません。大丈夫ですか?
化粧品や、皮膚の仕組みについて学ぶ理系の科目がいくつかありますが、基礎から教えているので大丈夫です。文系だからと不安を覚える必要はありませんが、入学後はしっかり勉強しましょう。
美容師国家試験では、物理や化学の分野からも出題されます。物理は美容師に不可欠な刃物の原理や、電気を使う機材の仕組みを学びます。化学はパーマ剤、カラー剤などの薬品・薬剤の知識を身につけるために、とても重要な科目です。生物の授業も、皮膚科学や解剖学につながる大切な科目です。
エステティックの分野も同様に生理学や化学を学びます。
英語には全く自信がありません
楽しく、しかし確実に実力アップするプログラムを用意しているので安心してください。
美容デザイン専攻、エステティック専攻が目指す英語力は、外国人のお客様にもひるまないだけの自信を持てるレベルです。語学力そのものよりも、英語に対する恐怖感をなくすことを第一の目的にしていますから、安心してください。むしろ、今、英語に自信がない人の方が自分の成長を実感できるでしょう。
国際コミュニケーション専攻では、徹底的に英語を学びます。といっても、授業はレベル別に行いますから、今、英語に自信がない人でも大丈夫です。

国際美容コミュニケーション専攻についてはこちらから

美容学校選びのポイントは?
例えば、美容師国家試験が受けられるかなどまず、自分のなりたい職業になれるかについてはしっかりと調べておくとよいでしょう。次に、教育方針や授業が自分に合っているかもしっかりと確認してください。試験にのみ特化している学校もあれば応用技術も学んでいる学校もあります。

山野美容芸術短期大学の最大の特徴は「短期大学」であるところです。美容を総合的に学び、幅広い教養科目も学びます。また、すべての授業には、主体的な学びの姿勢や論理的思考法、課題の解決能力などを身に付けられる仕掛けが施されています。さらに、卒業後の進路も、美容業界はもちろん一般企業への就職や、4年制大学への進学、海外留学も可能です。

短期大学と専門学校の違いについてはこちら

短大は、美容専門学校と比べて実習が弱いと聞きましたが、本当ですか?
実習時間は専門学校と比べると少なくなるかもしれませんが、毎年の国家試験合格率を見ていただければ、実技面でも劣っていないことが分かっていただけると思います。もっと言ってしまえば、社会に出てからは、技術だけでは戦っていけません。山野短大では、美容を総合的に学び、教養科目も学ぶため、実習が弱くなるイメージがあるかもしれませんが、将来お客様や自分と関わる方々をしっかりと幸せにできることを目標に教育を行っていますので、目先だけではなく、「自分がどんな人間になりたいか」という視点で学校を選ぶことをおすすめします。

短期大学と専門学校の違いについてはこちら

美容を学ぶなら東京都心の学校がいい?
確かに東京都心、なかでも原宿や青山に近い学校で学んでいれば、最新のファッションを直接肌で感じることができそうです。
では、東京都心の学校の方が学ぶ環境が優れているといえるでしょうか?「学ぶ」という視点から考えると、広くて、静かな落ち着ける環境が必要だと思いませんか?
一日のうち、勉強している時間は、都心という環境である必要はありません。あなたがどんな美容師になりたいのか、どんな勉強をしたいのかを考えて、学校を選びましょう。立地条件は学校選びのポイントの一つですが、最も重要な条件ではありません。

山野美容芸術短期大学は、東京都多摩地区の八王子市にあります。緑が多くあり、教室から見える景色で四季の移り変わりを感じられる、自然豊かな環境で、じっくり学ぶことができます。
しかも1時間程度で都心に出られる(JR横浜線からJR中央線、または京王線に乗継)ので、放課後や休日に都心の美容室や美術館などを見学することも充分可能です。

本学への交通情報・アクセスマップはこちら

通信課程や夜間部はありますか?
本学には通信課程、夜間部の設定はありません。ただし、長期履修制度など、社会人の方にも対応できる履修制度がありますので活用してください。

学費・奨学金・特待生制度などFAQ

授業料、入学金などのおおよその費用はどのくらいですか?
各専攻によって授業料が異なります。

学費についてはこちら

奨学金・奨学制度についてはこちら

奨学金制度はありますか?申請はどのようにすればよいですか?
本学独自の奨学金を含め、たくさんの奨学金制度を利用できます。制度によっては併用もできます。申請方法はそれぞれの制度で異なりますので、以下のリンクから確認してください。

奨学金・奨学制度について

奨学金を受けるには親の職業が関係しますか?
まったく関係ありません。ただし、年収が高い場合には利用できない制度もあります。
留学生に対して授業料などの減免制度はありますか?
あります。各専攻とも、審査のうえで授業料の一部を減免します。

奨学金・奨学制度について

資格・進路FAQ

卒業生はどのようなところに就職していますか?
美容業界を中心に、さまざまな業種に就職しています。
キャリア支援センターがしっかりとバックアップし、就職率100%を目指してサポート体制を充実させていきます。
美容デザイン専攻は美容室を中心とした美容系技術者、エステティック専攻ではエステティシャンになる人が多くを占めます。国際美容コミュニケーション専攻では、英語力を活かして外資系の美容関連企業などへ就職しています。
また、3専攻ともに、国内4年制大学への編入が可能です。

卒業生の就職、進学についてはこちら

4年制大学への編入は可能ですか?
可能です。
そのうちの大半が3年次への編入です。4年制大学への編入をサポートするために、いくつかの大学の3年次に指定校編入できる制度をつくっています。さらに、編入学試験に向けた小論文対策、英語対策、面接対策など徹底してサポートする体制を準備しています。手続き等に関しても完全サポート体制でのぞみます。
また、国際美容コミュニケーション専攻ではアメリカの大学に編入できる制度を設けています。

大学への編入についてはこちら

美容師国家資格はどのように取得するのですか?
以下のような手順で取得します。
厚生労働大臣指定の美容師養成施設(本学もそのひとつです)で所定の単位を修得し、卒業見込みとなると、美容師国家試験受験資格が得られます。卒業年次の2月に実技試験、3月に筆記試験を受け、これらに両方とも合格し、厚生労働省に登録すると美容師免許が取得できます。
実技試験では事前に発表されているヘアスタイリングの課題を、試験会場でウィッグを使って実際にスタイリングします。筆記試験には美容技術理論、美容師法、衛生管理など、美容業務に関する内容が幅広く出題されます。
実技試験と筆記試験は別々に採点され、それぞれで合格・不合格が発表されます。片方だけが不合格だった場合、次の国家試験では不合格だった試験だけを受験すれば良いことになっています。

本学で取得できる資格についてはこちら

山野短大で取得できる資格にはどのようなものがありますか?
各専攻により、さまざまな資格が取得できます。
美容デザイン専攻では美容師国家試験の受験資格、エステティック専攻ではエステティックに関するトータルなアドバイスができるTEA(トータルエステティックアドバイザー)等の資格の取得を目指します。
国際美容コミュニケーション専攻ではTOEFL、TOEICの高得点獲得を目指します。
ほかにも、色彩検定やネイル技能検定、茶道、華道、着物着付けの免状など卒業後に現場で活かせる資格を数多く取得することができます。

本学で取得できる資格についてはこちら

栄養士の資格を取得することができますか?
できません。
栄養士の資格を取得するには、それぞれ指定された養成施設を卒業する必要があります。
本学では美容師の資格などが取得できます。

本学で取得できる資格についてはこちら

短大から大学院に進学できますか?
基本的には、短大から直接大学院に進学することはできません。短大卒業後に、一度4年制大学に進学・編入してからになります。ただし、22歳以上で大学卒業と同等程度の学力があると大学院から認められた場合には、短大から直接進学できる可能性もあります。

大学への編入についてはこちら

学生生活FAQ

キャンパスまでの交通手段は?
山野美容芸術短期大学へお越しの際はJR横浜線八王子みなみ野駅で下車し、本学スクールバスをご利用ください。
路線バスを利用の場合は、神奈川中央交通バスを利用してください。JR八王子駅南口(7番バス乗場)から橋本駅行バスで約20分、またはJR橋本駅北口(4番バス乗場)から八王子駅行バスで約10分です。「自然公園前」停留所で下車して、徒歩1分です。

アクセスマップはこちら

バイクや自動車での通学は可能ですか?
可能です。バイク・自動車による通学を希望する学生は、事前に事務局学生課に申請し、許可証の交付を受けてください。ただし、任意保険に加入していることなど、守らなくてはならない条件があります。
寮はありますか?
寮はありませんが、本学キャンパス周辺の学生会館や、本学指定のアパートなど、安心して生活できる住まいを紹介しています。参考までに、本学近郊の物件は、6畳程度のワンルーム(バス・トイレ付き)が多く、ひと月の家賃は40, 000円から70, 000円が相場となっています。
住まいの紹介については事務局学生課までお問い合わせください。
食堂や売店はありますか?
学生食堂として、講義棟6階に「カフェテリアCLIO」があります。ランチタイムの食事と、授業の合間の軽食ができます。朝の授業前と夕方には軽食、お弁当の販売も行っています。
売店は、講義棟2階に「教材売店 YCAShop」があります。実習用教材、文房具、化粧品、ストッキングなどの日用品を販売しています。油絵の具などの画材は販売していませんが、画材店世界堂で10%割引になる「世界堂スチューデントカード」を、学生課で配布していますので、ご利用ください。
また、パンやジュースの自動販売機も用意しています。
体育館などは授業時間外に利用できますか?
はい。体育館、テニスコートなどは、お昼休みなど授業時間外でも利用できます。学生課に申請してください。ボール、ラケット等の貸し出しも行っています。放課後は主にサークル活動に使われています。
図書館の蔵書数はどのくらいですか?
山野美容芸術短期大学の図書館には約3万5千冊の蔵書があります。そのほか、美容関連雑誌を中心に約120点の雑誌と約1170点のAV資料があります。インターネットが利用できるPCやコピー機も用意しています。

図書館についてはこちら

どんなサークルがありますか?
茶道部、カメラ部、テニスサークル、美容サークル、KISOH愛好Club、軽音クラブ、空手部などがあります。入りたいサークルがない場合でも、メンバーを集めれば新設することができます。
悩み事やトラブルがあったときに、相談できる人はいますか?
ゼミ担当職員が学生の相談にのります。
いくつかの学生サポート制度を設けています。体調不良やケガについては保健管理室があります。心の問題には学生相談室があり、専門家によるカウンセリングを受けることもできます。安心してご相談ください。
そのほかにも、法律相談、オフィスアワー制度など、学生の相談を受け付ける制度をいろいろ設けています。就職サポート、進学サポートも気軽に利用してください。
アルバイトをしながら通学することは可能ですか?
原則としてはおすすめしません。学生には、学業に専念することを希望します。そのため授業出席の確保には厳しく対処しています。
ただし、経済的な理由により止むを得ずアルバイトをしなければならない学生は、学業に支障のない範囲にとどめ、健康・安全に心がけ、誠実さと責任を持って仕事にあたってください。金銭を得るだけにとどまらず、社会経験を積むことを意識しながら働かれることを希望します。
働きながら通学することは可能ですか?
働きながら本学に通いたい場合には、長期履修制度などがありますので、ご相談ください。

お問い合わせはこちら

入試FAQ

資料請求はどのようにしたらよいですか?
ネット上から資料請求できます。下記のリンクから資料請求フォームを開き、必要事項を記入してください。数日中に記入した住所に郵送されます。

資料請求はこちらから

各専攻の入試はどのようなものですか?
各専攻とも試験内容は同じです。現在の入試には、「AO入試」「推薦入試(一般・指定校)」「大学入試センター試験利用型入試」「一般入試」があります。
このほかに対象者を限定した「外国人留学生特別選抜」「社会人特別選抜」「帰国子女特別選抜」の試験があります。

「AO入試」について

「推薦入試」について

「大学入試センター試験利用型入試」について

「一般入試」について

「外国人留学生・社会人・帰国子女特別選抜」について

AO入試を受けたいのですが、どのようにしたらよいですか?
AO入試は、エントリー資格→エントリー→面接→出願・課題提出→合否発表と、通常の受験とは違う手順での受験となります。
まずは、オープンキャンパス学校見学などに参加し、本学担当者の話を聞き、教育目標、アドミッションポリシーを十分に理解してください。
入学検定料は出願提出時に納付してください。なお、インターネットからエントリーした場合には、面接当日に顔写真を持参してください。(エントリーには入試検定料は必要ありません)

AO入試について

高等学校の調査書は、AO入試エントリーの際必要ですか?
エントリーの時点では、高等学校の調査書は必要ありません。

AO入試について

AO入試の面接結果通知がきたのですが、合格したと考えてもよいのですか?
この段階ではまだ合否は決定していません。期限までに調査書や出願者課題などの必要書類を整え出願いただき、書類審査の上、合否を発表します。
推薦入試には指定校推薦、一般推薦があるようですが、自己推薦入試はないのですか?
本学では自己推薦に相当する試験として、AO入試を実施しています。AO入試では自己アピールの内容が評価されます。

AO入試について

エントリーはこちらから

受験方法により、入学後に有利になるといったような違いはありますか?
受験方法による入学後の違いはまったくありません。
推薦入試の評定平均値は、どのくらいあればいいのですか?
一般推薦では、3年1学期(2期制の場合は前期)までの全体の評定平均値が3.0以上であることが条件です。指定校推薦の場合は、それぞれの高校の先生に確認してください。
指定校推薦は面接がありますか?
はい、あります。指定校推薦は書類審査、面接を総合して選考します。
面接はどのように行われるのですか?
面接は受験生1人に対して、面接官2〜3名で行われます。面接時間は限られていますので、入学熱意が伝わるように、次の項目を参考に、ある程度考えをまとめておいてください。

・本学を志望した動機
・高校での生活
・志望専攻の教育内容の理解
・自分の望む将来像

面接日には、体調を整え、自信を持って望んでください。
服装については特に指定はありませんが、高校の制服が無難です。高校に制服がない、あるいは社会人などの場合にはスーツがよいでしょう。
一般入試の入試科目はなんですか?
学力試験、書類審査となっています。
志望専攻ごとに異なる試験科目が課されます。
国語〔国語総合(古文・漢文を除く)〕…美容デザイン専攻、エステティック専攻
英語〔英語I、英語II(筆記のみ)〕…国際美容コミュニケーション専攻
社会人として受験、入学した学生はどのくらいいますか?
毎年数名の社会人入学者がいます。すでに美容業界で働いていた方が、さらに勉強したいと入学されるケースもあります。

「社会人・帰国子女・留学生入試」について

関連情報 併せてご覧ください

オープンキャンパス
もっと詳しく知りたい方は、お気軽にご来学下さい
お問い合わせ
ご不明な点はこちらからお問い合わせ下さい
オープンキャンパス今すぐ申込み 学校見学 資料請求