プライバシーポリシー

  • HOME
  • プライバシーポリシー

個人情報保護への取り組みについて

山野美容芸術短期大学(以下、本学という。)では、個人情報保護の重要性を認識し、学内に個人情報保護規程を規定するほか個人情報の保護に関する法律や政令、文部科学省が定める指針等の基準を遵守しながら、個人情報の保護に努めています。
山野美容芸術短期大学 学長
山野 愛子ジェーン

山野芸術短期大学 個人情報保護規程について

1. 用語の定義について
個人情報とは、現在・過去を問わず本学の学生及びその保証人、教職員、本学への入学を志願するもの、そのほかこれに準ずる者に関する情報で、本学の業務に関して職務上知り得たもののうち、特定の個人が識別され、又は識別され得るものをいいます。
2. 本学の責務について
本学では個人の権利利益及びプライバシーの侵害の防止に関し、必要な措置を講じるよう努めており、教職員は業務上知り得た個人情報の漏えい、または不当な目的に利用してはいけません。又、退職した後も同様とします。
3. 利用目的の特定
個人情報は、本学の教育研究及び学生支援に必要な業務を遂行するために利用します。又、資料請求にあたって入手した個人情報については、資料の発送、オープンキャンパス等各種行事の案内、そのほか本学からの連絡及び統計作成を行うために利用します。
4. 適正な取得
個人情報を取得するときは、本学の業務に必要な範囲内において、収集目的を明確に定めて収集します。ただし、思想、信条及び信教に関するものや、個人の人権を侵害するおそれがある場合は取得しません。ただし、法令に基づくときや、個人の事前の同意があるとき等はこの限りではありません。
5. 適正な管理
個人情報の安全性及び信頼性を確保するため、漏えい、滅失、き損及び改ざんを防ぐために、必要な措置を講じます。又、常に最新の状態に保つよう努め、保有する必要がなくなった場合には、廃棄又は消去します。
6. 個人情報の開示
個人は本学が保有する自己の個人情報の開示を請求することができます。開示する個人情報は、記録文書の写しを用いるか、電子化されている場合には書面に出力した写しをもって交付します。ただし、開示する情報に第三者の情報が含まれている場合や、本学の業務上支障がある場合等は開示することができません。不開示となった場合については、請求者に対しその理由を文書で示します。
7. 個人情報の訂正又は削除の請求
本学が保有する個人情報に誤りがあったときや、取り扱い等がこの規程に反していると認められる場合には、訂正又は削除の請求をすることができます。
8. 不服の申立て
本学における個人情報の取り扱いについて不服がある場合、不服の申立てをすることができます。申立てを受けた場合、本学審査会により調査され、その調査結果を本人に通知します。
オープンキャンパス今すぐ申込み 学校見学 資料請求