インターンシップ参加学生の声

  • HOME
  • 就職・進路
  • インターンシップ参加学生の声
大変で、大変で、すっごく楽しい。

国際美容コミュニケーション専攻

福田 彩華

インターンシップ先
▶東京国際空港ターミナル株式会社

夢への一歩、です。

実は、子どものころにキャビンアテンダントになりたい!って夢があって。でもいつのまにかあきらめていたんですけど、山短にきて、キャビンアテンダントだった先生にも出会ったりして、やっぱりチャレンジしたい!と思うようになって。だからどうしても、空港を体験できるようなことをしたいと思っていた時、突然、国際線のコンシェルジュのインターンシップに行けることになりました。もともとインターンに行く予定だった学生が行けなくなってしまったんです。すごいラッキーでした。

初めの3日間は座学。

5人のグループになって授業を受けます。グループを担当していただく担任の先生のような方がいらっしゃって会社の歴史、空港の歴史などを教えていただきました。4日目から、実際にお客様との接客です。4人いるコンシェルジュの1人としてカウンターに。しかも真ん中。国際線のコンシェルジュは日本人や海外のお客様の様々な質問にお答えして行く仕事です。トイレの場所、電化製品が売っているところ、スーツケースの忘れ物。どうしてもあるコーヒーショップのコーヒーが飲みたいとおっしゃる方もいました。羽田空港には、そのブランドのコーヒーショップはありません。納得いただくまでに時間がかかりました。多いときだと1時間で20人くらい対応させていただくこともありました。

とにかく時間がない。

ご案内は、「かな」じゃダメ。自信を持って、こうです。あそこにありますと言い切らないといけません。だから覚えることがすごく多いんです。お客様にとっては、インターンの学生なんて関係ありませんから。いつでも、勉強していました。4時起きという早朝のシフトもありました。今までだったらその時に乗る電車では眠るのに、起きて勉強していました。自分なりに責任を感じていたんだと思います。こんな私がいるんだ、って思いました。

泣いちゃいました。

今回たくさんの経験をできてとっても良かったけど、一番はインターンで出会えた仲間たちです。みんながみんなで支えあって、最後まで乗り越えられたというのをみんなで実感できました。実は、山短の先生にも言っていないことがあります。わたし、座学の授業で、つい、眠ってしまったんです。授業が終わる時に、担当の方が「今日眠っていた人がいる。真剣さが足りない」と、言われたんです。そのあと、自分が謝りに行ったら、自分より先に謝りに行ってくれていたインターンの人がいて。自分のせいなのに、知らないところでフォローされているんだって思いました。うれしいけど、迷惑かけてしまって。でも、「ありがとう」ってちゃんと言えなくて、最終日になっても言えなくて。それで、最後にひと言ずつ感想を求められた時に、先に謝ってくれたその子にも、みんなにも「ごめんなさい。ありがとう」って言えたんです。そうしたら涙が止まらなくなって。私につられてか、他のみんなんもしゃべる時に泣いてしまって。担当の方から「こんなに素直なチームは私も初めてです」って、言葉がつかえつかえながら、おっしゃっていただいて。本当に、いろいろあったけど、すごくよかった。失敗は挽回できるんですね。インターンは絶対に行った方がいい、新しい人に出会うと、新しい道が見えてきます。私も、新しい道を歩いている気がしています。

絶対に、とりあえずいった方がいい。

エステティック専攻

丹羽 優奈

インターンシップ先
▶ウェスティンホテル東京

みんなインターンシップにいってるから。

ちょっと、恥ずかしいんですけど、強い意思もなく、とりあえずいってみようと思ったんです。〇〇の理由があってとか、どうしてもここを経験したかったとか、なかったんです。でも、どうせいくなら街のサロンじゃなく、すごくいいところがいい、しかも外国の方が来るようなグローバルなところがいい。そう思って、思いきっていくことに決めました。

「エステはキレイ」のイメージだけ。
その先がなかった。

10日間のインターシップだったんですけど、最初の5日は、主にお掃除と洗濯。
エステって、キレイじゃないですか。でも、私はなぜキレイになっているかを考えられていなかったんです。お客様がいらっしゃる前や、見えないところでスタッフの方々が徹底的にキレイにしているからなんですね。さまざまな器具のアルコール消毒や、すぐに洗濯していくスピード、それにバスローブひとつひとつのたたみ方まで。すべてに清潔さと美しさがある。エステ=施術って考えがちですが、施術もバスローブのたたみ方もすべてを含めてエステなんだ、と思えました。

あそこに、いたい。

インターンシップ後半になると、いろいろなことを任せていただけるようになりました。そのころにはお客様の予約表の見方もわかるようになっていて、それぞれのお部屋にうかがい、ベッドのセッティングを一人でできたり。施術の後にお客様がくつろぐ部屋があるんですけど、エステティシャンの方と一緒にうかがって、おしゃべりをする隣にいさせていただいたりと。その時に、お客様がエステティシャンの方をどれほど信頼しているのかが、よくわかりました。エステティシャンの方の顔を見るだけで、笑顔になる。いつまでも、いつまでも話したい気持ちがあふれている。お客様は外国の方ですから、どんな会話をしているのかは、詳しくはわかりません。でも安心してて、うれしそうなことだけは、わかった。伝わってくるんです。エステティシャンの方は、もちろん私のすぐ近くにいらっしゃるんですけど、すごくスゴく遠くに感じました。私も、あそこに、いたい!いってみたい!って思いました。

バイトなら、イヤならやめられるけど。

今、思うのは、やっぱりインターンシップはとりあえず行った方がいいと思います。だって、絶対にやめられないから。自分の将来が見える場所は、やめられない。私は10日間だったけど、10日前には見えていないものが見えてきました。自分の働く姿です。それだけ、いろいろ経験するし、いろいろ考えるんです。自分が考えていなかったようなことまで考えられるようになる。バイトで仕事を知ることとは全然違う経験です。

インターンシップは、学生しか持てないチケット。

美容デザイン専攻

武田 日菜子

インターンシップ先
▶ホテルニューオータニ

「今日を乗り切ろう!」という夏の10日間。

ずっと山短に入った時からブライダルのヘアメイクをやってみたかったんです。しかも、ホテルニューオータニさんのインターンシップは、山短からしか参加できない。こんな貴重な体験は今しかできないと思ったし、大きなホテルのブライダルはどんな感じなのか見てみたかったんです。5日間は、衣装部で和装や洋装を選ぶお手伝いを。残り5日間は、ヘアサロンとブライダルチームのお手伝いをしました。衣装部では、色打掛けを出しては畳んでの繰り返し。和装を選ばれるご家族は、細部までこだわられる方が多く、さらに刺繍の違いでお値段が10万単位で変わるので、すごく悩まれるんです。白無垢と色打掛けと両方あるので、20着ほど試着されることもありました。サロンでは、朝9時からヘアセットのお手伝い。結婚式に参加されるご家族の髪を夜会巻きにしていくんですけど、式が始まる時間が決まっているので、周りをよく見て、積極的に動かないといけません。進んで道具を準備したり、ホットカーラーやパーマ用のペーパーを渡したりしました。婚礼のお手伝いは、忙しさと緊張感がハンパなかった!大きなホテルなので、1日に何組も結婚式を挙げます。華やかな世界の裏側では、社員さんたちは走る、走る!花嫁様の控え室も何室もあって、今どの控え室にどなたが入っているかの状況を裏で確認。花嫁様が控え室を出られたら、ヘアメイクの道具や、脱いだお洋服をすぐに片付けます。記念撮影では日よけの傘や小道具を持って花嫁様に付き添ったりもしました。時間が迫ってくるという忙しさの中でも、失敗は絶対に許されない!一緒に参加した友達は、体調をくずしていたんだけど、言うタイミングがわからずにいて。それに気づいた方が「チームでやっているんだから、ちゃんと言ってね」と逆に怒られました。プロのチームワークってこういうことなんだ、ということがわかりました。

外にある情報って、いいことしか言わない。

実際に就職してみないと、本当はどういう会社なのか、なんてわからないと思うんです。ネットでもいいことしか書いてないし。でも、インターンシップだったら、体験できる分、わかることが多い!だから、自由に時間がある学生のうちに、いろんな会社の中を見ておいた方がいいと思う。私の場合、いいところも、そうじゃないところも見えて、夢が具体的になっていきました。働いている先輩に、たとえば入社後にどんなステップを踏んでいくのか、なんてことも聞けたりします。ヘアサロンで技術を身に付けてから、ブライダルのヘアメイクをやっていくのか、すぐにブライダルのヘアメイクへいくのか。進み方や選び方は、さまざまなんだと、実感できました。将来、少しでも重なっている部分があるなら、大学と提携していないインターンシップも受けるべきだと思う。私は、海外ウエディングも知っておきたかったので、そちらもインターンシップで経験してみました。

私はブライダルを、まったく、わかっていなかった。

国際美容コミュニケーション専攻

高橋 彩

インターンシップ先
▶八王子日本閣

つぎは、日本のブライダルを経験したかった。

中学生のときに親戚の結婚式に参列して、その時に、すごく感動したんです。「自分もこんなふうに人を感動させられたら!」って思って。それからずっとブライダルで働きたいと思っています。インターンシップは2度目で、最初は海外のブライダルを経験させていただいて。だから今度は、伝統のあるところにいってみたかった。

見た目がステキ。

スタッフの方の立たずまいが素晴らしいんです。歩き方や、さりげない笑顔とか。それからお客様と対面していないときでさえも、みなさんステキなんです。いつも気を抜いていないっていうか、いつもゆとりがあるっていうか。それに、どの仕事にも、徹底したプロフェッショナルを感じました。たとえばドレスの担当の方はお客様とお会いしていないときでも、お客様のドレスのことを考えている。アクセサリーの手入れも、お客様が装った時のことを想像しながらしている。プランナーの方は、笑顔になれる空気をつくるのがすごく上手なんです。ふつう、結婚式の打ち合わせって、花嫁さんが中心になりがちですよね。でも、そのプランナーの方との打ち合わせは、花婿さんも盛り上がってみんなで楽しくなっていく。段取りの打ち合わせじゃなくて、おふたりのその時の気持ちがイメージできるように話していく。おふたりがとってもリアルに想像できていくから、自分たちもアイディアがあふれてくる。でも、もっとすごいのは、プランナーの方は、打ち合わせが終わって、私といる時や他のスタッフの方といる時も笑顔なんです。「なぜですか」って聞いたら「気持ちが落ちていると、お客様と会う時にウソの笑顔になる。だから、日頃からできる限り楽しい気持ちでいれるようにしているんだ」と。なんか、言葉が出なくなるほど感動しました。すべては、一瞬一瞬の積み重ねなんですね。

怒られて、よかった。

インターンシップは1週間でした。短かったけど、たくさんの経験をさせていただきました。そして自分の浅さをたくさん知りました。一番忘れられないことがあります。料理のお皿をテーブルにならべていたときです。私、ずっとプランナーをやりたいと思っていたから、正直に言うと「なんで、こんなことやるの、私の仕事じゃない」っていう気持ちになっていたんです。それが態度にも出ていたんだと思います。そうしたら、担当されている方に呼ばれて「お皿を出しているんじゃない。日本閣の気持ちをお出ししているんです。あなたにとっては、何枚もテーブルに出しているお皿かもしれませんが、お客様にとっては、一生に一度しか使わないお皿なんです」って、言われました。みなさんがそれぞれの場所で、それぞれにお客様の結婚式をどれほど想っているのか。それに比べ、自分はなんて軽く考えていたのか。すごく恥ずかしくなりました。でもよかった。結婚式の大切さや、意味の深さを少しだけわかれた気がたから。ちゃんと怒られるって、いいです。自分も納得すると、そのぶん意味が自分の中にはいってくる。インターンシップにいって、ブライダルがもっと好きになりました。他の人はわかりませんが、私は経験してよかった。その意味は、私が一番わかっています。

チカラになれることは、掃除!だと思った。

エステティック専攻

和智 春奈

インターンシップ先
▶ハンズ・オン株式会社

エステ専攻だけど、ネイル。

もともとネイルをやりたかったんです。でもネイルに絞って、自分に向いてなかったらどうしようと思って、美容全般を学べるエステ専攻に進みました。でも、エステに進んでからも、小さい頃からの夢はずっと消えなかった。だから、ネイルのインターンシップにいってみようって思ったんです。そこで、見つけてきたのが、ネイルとエステを併設していて、ケアもジェルの施術もするハンズオンさん。インターンを受け入れた実績がなかったので、ふつうは難しいんですが、なんと先生が交渉してくれました。そしてついに、8日間働けることになったんです。

見違えるほど、キレイにした。

お客様の爪ではなくて、お店をです(笑)。基本、店長さんが指導してくださるのですが、次々とお客様がいらして話しかけるタイミングがない……。なので、ひたすら掃除をしていました。オープン前は、入り口やトイレ掃除。その後は、見渡して汚れているところを見つけては掃除をしていく感じです。棚の上、タオルスチーマーの中の受け皿、施術台の周り、フットケア用の桶も洗って、消毒もしました。掃除が一通り終わると次は、指先に巻くアルミホイルやガーゼをひたすら小さく切る、切る、切る!大量生産です(笑)。こんな感じで裏方を、ほぼ任されていました。お客様や施術に集中できて、とても助かった、と先輩たちからありがとうを言ってもらえたことがすごく嬉しかったです。

社会人1年目の自分が、見えた。

正直、インターンシップは、一度だけでいいかなと思いました。なぜなら、1年目はどこも大変なんだろうなって、わかったから。インターンシップをする前は、ネイルのキラキラした部分しか見えてなかったんです。でも、ネイルを諦めたってことではないです。あのキラキラとした夢が、リアルに進む道に変わった感じです。エステで学んだことを活かしながら、ネイルまわりのこともやりたいって思いは変わらなかったし、自分に向いているネイルサロンが見えてきた。サロン見学する際に見ておくポイントもわかったし、授業で掃除や衛生面を厳しく言われていたことって、やっぱり大事だなって腑に落ちた。ハンズオンさんの、お客様との小さなやりとりですら、ファイリングしているところは、ネイリストになったらマネしたいなって思った。お給料はもらえないけど、お金をもらう以上の経験ができた。宝物です。

CLINIQUEの裏側を見たかった。

エステティック専攻

近藤 亜美

インターンシップ先
▶CLINIQUE西武渋谷店

川端先生、ありがとう!

CLINIQUEさんは、皮膚科学を大切にしているから、高校の時からずっと大好きなブランドでした。絶対ここでインターンシップをやりたいって思って、山短の川端先生にCLINIQUEに交渉していただいたんです。そのお陰で、ついにインターン生としてCLINIQUE西武渋谷店で8日間働けることに!しかも、インターン中は、お店にまで様子を見にきて応援してくださったんです!!

BA(ビューティアドバイザー)のお仕事は、掃除がメイン!?

裏方のお仕事をさせていただきました。内容としては、目元ケア券やトリートメント券など、2回目に来店してくださったお客様にサービスをする券をつくったり、お店の掃除、ゴミ捨てなどなど。その合間に、商品のことをお勉強させていただきました。特にCLINIQUE西武渋谷店は、お客様がどんどんいらっしゃるので、テスターの商品を拭いたり、メイク道具を洗ったり、消毒したりの繰り返し。あのキラキラとした舞台は、こういった下支えがあるからなんですね。日々の接客や掃除だけでも忙しいのに、新作のコスメも覚えたり、両立が難しい仕事なんだと実感しました。

こういう人になりたい!

そう思ってしまうほど、CLINIQUEには魅力的なBAさんが多いんです。たとえば、忙しくても必ず誰かしら「お昼一緒に行こう」って声をかけてくださって、職場環境や商品のことを教えてくれるのはもちろん、自分がCLINIQUEで働き出した経緯とか、有給の過ごし方などプライベートな話から、皮膚の話で一緒に盛り上がれたり。お店に立ったら、みなさん常に笑顔!どれだけ周りを見て動けるか、どれだけ気を配れるかを大切にされているんです。忙しくても、インターン生の私にまで目が行き届いている感じ。姿勢や言葉遣いまで見てくださいました。

今、月に4回通ってます。

だって、今のうちに商品を覚えておいて、CLINIQUEに入ったらすぐに、売上げに貢献したいんです(笑)。わたしは、家から近いそごう横浜店に通いつめているんですけど、インターンシップを終えて驚いたことは、どの店舗に行ってもCLINIQUEのBAさんは同じような印象なんです。ますますCLINIQUEへの想いは強くなって、今、ドラッグストアでバイトしているんですけど、その時でさえ、何かCLINIQUEに貢献できることはないかって考えている自分がいるんです!どんな時間もムダに使いたくない!で、自分の中で、3つ課題をつくったんです。①周りを見て行動する。②スキンケアから花粉症の薬まで、お店にある商品を勉強する。③言葉遣い、笑顔を意識した接客。がんばりたいことに、フルに時間を使えるようになって、今すごく充実しています!

原宿の若い子より、青山・銀座のOL。

美容デザイン専攻

竹沢 拡

インターンシップ先
▶Kakimoto arms六本木ヒルズ店

お客さんからしたら、学生なんて関係ない。

本か何かで知ったんですけど、8秒で第一印象って決まるらしいんですよ。この第一印象って、自分もだけど、お店のイメージも含まれると思うんですよね。たとえば、お客さんってスタイリストさんと話しながらでも、鏡の端に写っているアシスタントさんも見ている。自分が髪切られている横で、疲れた顔をしているアシスタントさんとか、壁際でダラッと立っているアシスタントさんとかいるじゃないですか。だから、自分は立ち居振る舞い、表情、360度どこから見られても、カッコよくいたいって。サロンは鏡がいっぱいあるし、見られる商売だから、そんな意識を常に持ってインターンシップにのぞみました。

夢は、地元の同窓会に行くこと。

自分、未来をよく想像したりするんですけど、地元の同窓会に行く機会って今後出てくるじゃないですか。その時に絶対「今なにやってるの?」って話になるはずなんですよ。「東京のサロンでスタイリストやってる」って返したら、「どこのサロン?」って聞かれた時に、みんなが知っている有名サロンじゃないと「ふ〜ん」って空気になっちゃう。昔から、有名になりたいって気持ちが強かったから、個人店じゃなくて、絶対有名サロンがいいと思ったんです。だから、インターンシップ先もKakimoto armsさんを選びました。ただ、場所が六本木ヒルズ店だったので、お客さんも30〜40代の女性や外国人がほとんど。原宿で若い子たちの髪を切っている将来像とは、ちょっと離れているな……と最初は思いました。でも、ここで働いて、いろんなスタイリストさんと話しているうちに、考えがガラッと変わったんです。ちょっとイヤラシイ話になりますが、Kakimoto armsの六本木ヒルズ店にいらっしゃるお客さんは、カットだけでなくパーマやカラーもされるので、お支払い頂く料金も高い。つまり、スタイリストに求めているレベルが高いんです。若い子は、お小遣いやバイト代でヘアサロンにくるので、カットがメイン。サロン経験もまだ少ないから、こういうものかなと受け身になりがちなんですよね。自分は第一線で活躍したいから、いろんな技術を身につけていきたい。お客さんの厳しい目を感じながら、緊張感のある中で何十年もスタイリストをやっていきたいって思ったんです。このインターンシップを通して、就職活動の方向性が、青山や銀座の有名サロンに決まりました。白シャツにセットアップ、革靴を履いて、お客様の髪を切っている自分が見えてきたんです。

ビバリーヒルズ

多くのハリウッドセレブを持つサロンでスタイリストのアシスタントやシャンプー、ブロードライなどサロンワークを体感します。

グアム

一流企業での研修やインターンシップを通して技術だけでなく、サービスやホスピタリティを学び国際感覚を身に付けます。

オープンキャンパス今すぐ申込み 学校見学 資料請求