2021年度 入学者選抜における変更について

2021年度 山野美容芸術短期大学
入学者選抜における変更について(予告)

※現高校1年生以降の受験者が対象になります。

本学は、2020年度に実施する2021年度入学者選抜において、

「学力の3要素」をふまえ、多角的・総合的に評価を行うため、

次のとおり変更します。
なお、追加の変更事項を生じた場合は、本学ホームページにて随時公表します。

(1)「総合型選抜」の概要

◆ポテンシャル型

○大学教育を受けるために必要な「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を評価するため、

ブロックを使ったワークショップ形式による表現(課題)と、そのふりかえり(プレゼンテーション)を行う。

○「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をより積極的に評価するために、

調査書及びエントリーシートを活用する。

◆コミュニケーション型

○大学教育を受けるために必要な「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を評価するため、

出願時に求める「課題」に対する口頭試問※を実施するとともに、数人におけるグループディスカッションを行う。

○「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をより積極的に評価するために、

調査書及びエントリーシートを活用する。

 

※口頭試問とは

 志望動機のような決まった質問に答えるものではなく、学科・専攻課程等についての専門的な基礎知識や考え、

発想力を確認するために行われる質疑応答のことです。 提示された課題について、

解答を求めるプロセスを問われたり、その内容についての質疑応答が課されます。

 

 

(2)「学校推薦型選抜」の概要

○大学教育を受けるために必要な「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を評価するため、

小論文試験を行う。

○「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をより積極的に評価するために、

調査書、学校長の推薦書、及び本人の活動報告書を活用する。

 

(3)「一般選抜」の概要

○筆記試験に加え、「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をより積極的に評価するために、

調査書を活用する。また、面接を行う。

 

(4)「大学入学共通テスト利用選抜」の概要

○大学教育を受けるために必要な「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」を評価するため、

「大学入学共通テスト」の試験結果を活用する。(試験科目については下記参照)

○「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」をより積極的に評価するために、

調査書、及び本人の活動報告書を活用する。

 

4.英語の外部資格・検定試験の利用について

 本学では、英語の4技能(「読む」「聞く」「話す」「書く」)を評価するため、

2021年度入学者選抜よりすべての入試区分において外部資格・検定試験の結果について点数化し、

合否判定に反映することとします。

 

オープンキャンパス今すぐ申込み 学校見学 資料請求