日本で唯一の美容の大学・山野美容芸術短期大学(東京)

オープンキャンパスお申し込み

保護者の方へ 高校生の保護者の方へ

HOME >保護者の方へ > 高校生の保護者の方へ > 美容の仕事

美容の仕事

美容師の仕事について

美容師とは

ご存知の通り、美容師の仕事はお客様の要望に応じて髪型を美しくデザインすることです。カット、パーマ、スタイリングやカラーリングなどの髪型に関係するサービスの他に、メイクアップ、ネイルケア、着付けなどを行うこともあります。美容師は業務独占の国家資格であり、美容師免許なしにこれらの業務を行うことはできません。

美容師になるためには、国の指定する美容師養成施設を卒業し、美容師国家試験に合格後、免許を取得する必要があります。免許取得者の多くが美容室に就職します。また、結婚式場やテレビ局などで働く人もいます。

美容師は接客業の中でもお客様の髪や顔に直接触れる特別な仕事です。信頼感、安心感を与えられる人でなければ、お客様は安心して身を任せることができません。そのために、美容師となる人はことばづかいや行動、身だしなみなど、美容技術以外の接客術もしっかり身に付いていないといけません。むしろ、美容の技術はあって当たり前で、よい美容師かどうかは接客で決まるといってもよいくらいです。

美容師の仕事

厳しい見習い期間

厳しい見習い期間 一般には美容室就職後に、3年程度の見習い期間を経て、ようやく美容師としてお客様の髪をカットできるようになります。見習い期間中はアシスタントと呼ばれ、ほぼ毎日、営業時間後に練習があります。それぞれのお店で決められている基準をクリアしなければ、シャンプーすらさせてもらえません。

スタイリスト、そして独立へ

スタイリスト、そして独立へ 無事、見習い期間を終えると、スタイリストとしてお客様の髪の毛をカットできるようになります。給与はお店ごとにシステムが異なるため一概にはいえませんが、基本給と歩合を組み合わせたお店が多いようです。最初の3年間で確実な技術を身につければ、同年代の会社員よりも高給が見込める仕事です。独立が容易な職業でもあり、20代で店長やオーナーを勤める人もたくさんいます。
このように、美容師は最初の3年間が厳しい仕事です。20代に都会の美容室で技術を研鑽し、地元に戻って美容室オーナーとなる人が多いようです。飲食店などと違って材料の仕入れがほとんどないため利益率が高く、一定の顧客を確保できれば充分な収入が見込めるでしょう。

美容師を目指す方は美容デザイン専攻へ

美容師と理容師の違いって

 美容師はパーマネントや化粧、理容師はカットや毛剃りを主な業務としています。美容師が持つ技術として、美粧(メイクアップ)、着付け、全身美容があります。結婚式の花嫁さんの支度なども美容師の仕事です。しかし、お客様のニーズや意識の変化により、現在では両者の区別は曖昧になってきています。

メイクアップ・アーティストの仕事について

メイクアップ・アーティストとは

メイクアップ・アーティストは、テレビ、雑誌、舞台などで、俳優やモデルのメイクアップを担当する仕事です。 メーキャップ・アーティスト、メークアップ・アーティストと表記されることもあります。

メイクアップは美容師の仕事の一部ですが、メイクアップの比重が大きくなった仕事がメイクアップ・アーティストです。メイクアップ・アーティストには、化粧品や皮膚の知識はもちろんのこと、カメラや照明の特性や、求められているイメージをつかみ取る能力が求められます。映画やテレビで傷跡やアザなどを表現するのもメイクアップ・アーティストの仕事です。メイクアップ・アーティストは働く時間が撮影の都合に左右されるため、体力が要求される仕事です。
メイクアップ・アーティストになるには、美容専門プロダクションなどに就職し、経験を積む必要があります。実際にモデルにメイクアップができるようになるには、数年間の経験が必要となります。ヘアやネイルの技術も同時に求められる場合が多いので、美容師の資格があると大変有利です。

メイクアップアーティスト、美容部員を目指す方は美容デザイン専攻へ

メイクアップ・アーティスト

美容部員・特殊メイク

化粧品売り場や結婚式場などで一般のお客様相手にメイクアップをする仕事は美容部員などと呼ばれます。美容部員にはメイクアップの技術に加えて、コミュニケーション能力や商品知識も必要となります。そのほか、映画のモンスターなどを作る特殊メイクには、フォームラテックスなどの特殊な素材の知識が必要になってきます。

エステティシャンの仕事について

エステティシャンとは

エステティシャンは、肌の手入れや痩身、マッサージ、脱毛など、全身の美容を行う仕事です。ネイルやメイクアップの技術も必要な仕事です。

エステティックサロンや美容室、ホテルやジムなどに就職するほか、独立自営の道もあります。日本には公的な資格はまだありませんが、欧米では高度な知識と技術を持った仕事として認知されています。

エステティシャンになるためには、化粧品や皮膚、身体の仕組みなどの知識はもちろんのこと、カウンセリングやリラクゼーション法も学ぶ必要があります。最近では、リフレクソロジーやアロマテラピーも役立ちます。お客様にリラックスしていただく癒しの仕事ですから、会話の相手をしてさし上げることもエスティシャンの大切な仕事の一部です。

エステティシャンを目指す方はエステティック専攻へ

エステティシャン

ネイリスト(ネイリスト)の仕事について

ネイリスト(ネイリスト)とは

ネイリストは、爪の形を整え、デザインする仕事です。手のマッサージや爪のトラブル改善のためのネイルケアも仕事に含まれます。

ネイリストはネイリストとも呼ばれています。細かい仕事が多いため、手先の器用な人に向いています。また、お客様の要望に合わせてデザインする必要があるため、ファッションセンスや創造力が大切になります。ネイルサロンで働くほか、エステサロンや美容室にスペースを借りて営業している人もいます。

ネイリストになるための国家資格はありませんが、いくつかの団体が認定試験を行っています。本学では、INA (International Nail Association)ネイル検定の資格取得をサポートしています。毎年行われるINAネイルコンペティションでは、本学学生が多数入賞しています。
さらに平成23年度からはJNA日本ネイリスト協会にも対応する予定です。
ネイリストを目指す方はエステティック専攻へ

ネイリスト
関連情報合わせてご覧下さい

高校生の保護者の方へ

在学生の保護者の方へ

  • 山短の体感オープンキャンパス2016開催!オープンキャンパス
  • AOエントリー
  • 新入試制度 ポテンシャル型入試をチェックする!!
  • 学校見学
  • 資料請求
  • グローバルプログラム
  • 美容お役立ち情報
  • 特待生・奨学制度
  • 美容の職業研究
  • 教員紹介
  • 専門実践教育給付金制度
  • 職業実績
  • 美容師国家試験合格率
  • ギャラリー
  • 情報公開

山野美容芸術短期大学
〒192-0396 東京都八王子市鑓水530  TEL:042-677-0111 FAX: 042-677-0234

Copyright © 2016 Yamano College of Aesthetics All rights reserved.