美容のお仕事

  • HOME
  • 就職・進路
  • 美容のお仕事

美容のお仕事

YAMATANで目指せる仕事の一例です。
美容に関する仕事以外に就職している卒業生もいます。

職業紹介

◆美容師

仕事内容
主に髪の毛のカットやカラー、セット、パーマ、シャンプーブローなどを行い、お客さまを美しくする仕事です。ヘアだけでなく、メイクやネイル、着付けなどのサービスを提供する美容室が増えています。スタイリストとして実際にお客さまの髪をカットできるようになるまでに、3年程度の経験を積む必要があります。お客さまに満足していただくためには、技術力だけでなく、接客力、コミュニケーション能力等も求められます。

資格
美容師国家資格の取得が必要です。高校卒業後、美容専門学校・美容短大に通い、所定の課程を修了することで国家試験が受けられます。通信制の専門学校(3年)で受験資格を得ることもできます。

向いている人
技術の向上ももちろんですが、接客の好きな人、おもてなしの心やコミュニケーション能力を持っている人が向いていると言えます。お客さまの髪や顔に直接触れる仕事のため、細やかな気配りや、お客さまの要望を聞き取る力も必要になってきます。

◆エステティシャン

仕事内容
エステティシャンは、フェイシャル、ボディケア、脱毛などの施術を行い、お客さまのご要望に合わせて、肌や全身を美しくする仕事です。お客さまは”美容”だけでなく”癒し”も求めて来店します。そのため、おもてなしの心やコミュニケーション能力などが強く求められます。

資格
資格がなくても目指すことができます。ただ、人の肌に直接触れるため、正しい知識や技術が必要となります。そのため、エステが学べる美容学校で学び、資格を得ることで、就職が有利になることがあります。 エステティシャンの国家資格はありませんが、民間資格がいくつかあります。 代表的な資格として、日本エステティック協会が認定する、認定エステティシャン資格、認定上級エステティシャン資格、認定フェイシャルエステティシャン資格、認定ボディエステティシャン資格などがあります。その他に、CIDESCO-NIPPONのCIDESCOディプロマや、日本エステティック業協会(AEA)のAEA認定エステティシャンなどのエステティック資格もあります。
未経験でも就職できるサロンもありますが、入社後に資格取得を目指すには、ある程度期間がかかることを考えておく必要があります。

向いている人
「誰かを綺麗にする」のが好きな人が向いていると言えます。お客さまの要望を正確に聞き取り、実際に施術していく技術力も必要です。ボディマッサージなどではとても力も使うため、体力に自信がある人も向いていると言えるでしょう。

◆メイクアップアーティスト

仕事内容
主な仕事は、俳優や女優、モデル、タレントなどにメイクを施すことです。メイク以外にもヘアセットやドレス・着物の着付けを行うこともあり、目的や状況に応じて、その人を美しく魅せるためにはどうすれば良いのかを考えながら働きます。ヘアメイク専門のプロダクションに勤める人が多いですが、エステサロンや化粧品メーカー勤務、またフリーランスなど、さまざまな働き方があります。

資格
資格がなくても目指すことができます。ただ、全く知識や技術がない状態から活躍することはかなり大変なことです。メイクが学べる美容学校で学んだ後、ヘアメイク事務所やブライダルサロン、化粧品会社などへ就職するという方法があります。他にも、美容学校で学び、美容師国家資格を取得することで仕事の選択肢や幅が広がります。

向いている人
誰かに似合うものを選びたい人が向いていると言えます。その場、その人に合ったメイクやヘアセット、着付けなどを施すことの出来るプロデュース力が必要です。そのためには自分自身の考える力を養っておくといいでしょう。特にコミュニケーション能力に自信がある人はフリーランスでも十分に活躍が期待できます。

◆美容部員

仕事内容
美容部員とは化粧品メーカーの販売員として百貨店などでお肌や美容についてお客さまのカウンセリングをし、お客さまに合ったメイクの提案をしたり化粧品の購入を促すお仕事です。お客さまのお肌の悩みについて相談を受けたり、おすすめのメイクをその場で行ったり、ヘアケアの悩みなどを聞いてヘアケア商品を提案したりと、様々な専門知識も必要になります。また、アドバイスや実践の他にも販売・接客の他に商品の陳列や検品、店頭の清掃や顧客管理なども美容部員のお仕事になります。美容部員以外にもビューティーアドバイザー(BA)、ビューティーカウンセラー(BC)と呼ばれることもあります。

資格
資格がなくても目指す事ができます。入社後に研修を行う企業もあるため、全くの知識が無い状態からでも美容部員になることは不可能ではありません。ただし、メイクのテクニックや接客能力は必須となるため、美容系の学校を卒業してからこの職業に就く人が多くいます。また、ヘアケアに関する商品を取り扱うところもあるため美容師免許を取得していると有利になる場合もあります。

向いている人
化粧品が好きな人、良い化粧品を人にお勧めしたい人が向いていると言えます。化粧品自体の知識だけに留まらず、その化粧品を使うための技術のアドバイス、自社の製品を売り込むための営業力、お客さまの求めるものを理解するコミュニケーション能力も求められています。また、ほとんどの場合1日中立ち仕事になりますので体力に自信がある方も向いています。

◆ネイリスト

仕事内容
ネイリストはサロンを訪れるお客さまの爪をケアしたり、マニキュアやネイルアートを施したりする仕事です。 具体的には、お客さまの爪の形を整え、表面を磨き、甘皮を処理し、お客さまの好みに応じたデザインを創り上げていきます。最近では、マニキュアよりもジェルネイルやスカルプチュアなどのネイルアートが多い傾向にありますが、爪は非常に傷みやすいためお客さまの爪の修復(リペア)も行います。

資格
資格がなくても目指すことができます。ただ、ネイル検定を取得していると、就職や待遇面で有利になることがあります。独学で勉強することもできますが、ネイルの専門知識に加え、デザイン、肌や爪・衛生面などの知識が必要になるため、ネイルを含めてさまざまな美容知識が学べる美容学校で勉強する人が多いです。

向いている人
ネイルが好きな人、おもてなしの心を大切にする人が向いていると言えます。お客さまの満足できるネイルに仕上げるために、技術力はもちろんのこと、コミュニケーション能力も重要になります。

◆ウェディングプランナー

仕事内容
ウェディングプランナーは結婚を控えたカップルの結婚式をプランニングする仕事です。お客さまの希望を聞き出しながら、プランを提案したり、当日の流れがスムーズにいくように、指示を出しながらコントロールしたりします。主に、ホテルや結婚式場などで活躍しています。

資格
特に必要な資格はありません。ただ、人気のある職業のため、ブライダルに関する知識をもっていた方が有利になることがあります。
※YAMATANでは、ブライダルの歴史や作法、和装・洋装の着付け・メイクについて学べる科目をご用意しております。

向いている人
最高の一日をプロデュースしたい人が向いていると言えます。お客さまが思い描いているものを的確に聞き出し、期待以上のものを実現する力が求められます。人を喜ばせたいという気持ちと、それを実現するためのコミュニケーション力・おもてなしの心・考える力などが必要です。

◆アパレル販売員

仕事内容
アパレル販売員は、アパレルショップにて主に服を販売する仕事です。洋服のアドバイスや試着の案内、レジ対応の他に、バックヤードでは検品や在庫管理、売り上げ管理などの仕事もあります。成績次第では、マネージャーなどの管理職を目指すこともできます。

資格
特に必要な資格はありません。ただ、人気のある職業のため、ファッションへの関心の高さや、コミュニケーション力の高さが重要となります。

向いている人
ファッションが好きでコミュニケーション能力を磨きたい人が向いています。コミュニケーションとは積極的にお客さまに声をかけるだけではなく、そのお客さまに今必要なもの・求めている接客は何かを理解し考える力のことです。商品を手に取ってもらう営業力、商品の知識や管理能力、提案力も必要です。また、立ち仕事になりますので体力に自信がある人も向いているといえます。

◆フォトスタジオスタッフ

仕事内容
フォトスタジオにて、写真撮影はもちろん、受付や管理などの事務業務や撮影のための照明セット準備、衣装を揃える業務など仕事内容はさまざまです。大手のスタジオでは部門別に担当者がいますが、小規模なスタジオでは、一人で多くの仕事を掛け持ちます。 また、フォトスタジオも扱う分野によって、一般的な写真館、お子様メインのフォトスタジオ、ブライダルフォトスタジオ、観光フォトスタジオ(浅草などの観光地で外国の方に着付け・メイクを施し、記念撮影をするスタジオ)、広告写真スタジオなどがあり、自分の求める分野に合ったスタジオを探すことが大切です。
カメラに関する基本知識は必要で、現場で経験を積みながら少しずつ撮影技術を学び、先々、フォトグラファーを目指す人もいます。

※YAMATANでは、『フォトシューティング』で、何をどのようにみせるかコンセプトを自分で考え、撮影準備をし、自分で撮るという授業を行っています。(美容デザイン専攻・国際美容コミュニケーション専攻対象)

資格
資格がなくても目指すことができます。ただ、カメラやデザインに関する知識があると業務に活かすことができます。また、観光フォトスタジオで仕事をする場合は英語力があると有利です。

向いている人
作品を作るのが好きな人に向いています。お客さまの大事な思い出を作るおもてなしの心や、撮った写真を見る誰かのために写真を作り上げる考える力も必要です。

◆アイリスト

仕事内容
アイリストはまつ毛ケアのプロフェッショナルです。時代の流れと共に「まつ毛パーマ」や「まつ毛エクステ」など、まつ毛ケアの専門職が求められるようになってきました。

資格
美容師国家資格の取得が必要です。高校卒業後、美容専門学校・美容短大に通い、所定の課程を修了することで国家試験が受けられます。通信制の専門学校(3年)で受験資格を得ることもできます。また、アイリストだけの専門学校などはなく、学生時代は基本的には美容師を目指す授業をメインに受けるため、アイリストとしての技術は民間のアイリスト養成講座を受講したり就職してから研修や実践で経験を積み技術を磨いていきます。

向いている人
正しく施術を出来る人が向いています。十分な知識やスキル無く目元周りの施術を行うことは大変危険です。そのため美容師国家資格の取得は必須になります。また、コミュニケーション能力があり、営業や経営力もあるならばフリーランスとして働くだけでなく独立して店舗を持つことも出来ます。

◆福祉美容師(美容福祉)

仕事内容
福祉美容師とは、介護が必要な方や障がいを抱える方の自宅や病院、施設などへ伺い、カットやシャンプーなどを施す仕事です。

資格
福祉美容師になるためには、NPOや厚生労働省認定の協会による試験を受け、福祉美容師に関する資格を取得する必要があります。「認定福祉美容介護士」(特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会)や「福祉理容美容士」(NPO法人日本理美容福祉協会)、「福祉美容師」(一般社団法人日本美容福祉学会)などがあります。国家資格ではありませんが、介護・介助を必要としているお客さまに対して適切に安全に美容を施せる知識と技術を身につけておくことが必要です。
また、福祉美容師の資格取得には、美容師国家資格取得者(美容師国家試験受験履修単位取得見込み証明が可能な方)という条件があります。

※YAMATANでは、「介護職員初任者研修」の受講が可能です。介護に携わるために必要な知識・技術や考え方などを学びます。

向いている人
美容の力で笑顔を作りたい人が向いています。介護に必要な知識・技術はもちろん、おもてなしの心やコミュニケーション力、安全管理力などが求められます。また、お客さまご本人、ご家族の方、施設の方から適切に要望を聞き出し、安全に施術を行うことも重要となるのでコミュニケーション能力に自信がある人も向いていると言えるでしょう。

◆美容学校教員(美容師養成)

仕事内容
美容学校にて、学生に美容技術や知識を指導する仕事です。また、学生の生活面から進路まで指導するのも教員の仕事です。

資格
公益社団法人日本理容美容教育センターが行う「理容師美容師養成施設教員資格認定研修会」を受講し、認定されることが必要となります。なお、研修会の受講科目には、それぞれ美容室においての実務経験が3~4年必要となっています。
基本的には認定が出た後、希望の美容学校の教員採用試験を受け、そこで採用となれば美容学校教員になることができます。

向いている人
美容の知識をたくさん持っている人、それを誰かに伝えることが出来る人が向いています。美容師として必要な技術・知識は必須です。それを伝える力、伝達力や指導力が必要になってきます。

※YAMATANでは、現場での実務経験を活かし、活躍している教員が在籍しています。詳しくは、教員紹介をご覧ください。

※エステ教員を目指す場合も、ある程度の実務経験が求められることが多いです。エステの資格取得が必要です。(学校毎に目指す資格が異なるため、それと同じ資格が必要となります。)

オープンキャンパス今すぐ申込み 学校見学 資料請求