卒業生の活躍

  • HOME
  • 就職・進路
  • 卒業生の活躍
「好きなことをやりなさい」に、救われた。

ヨガインストラクター

水島 詩歩子

伸びた力→実現力

はじまりは、
「舞台女優になれない」と、思ったこと。

小学校のころから劇団にはいっていて、子役としてテレビにもいろいろと出演していて、ずっとミュージカルの女優になることを目ざしていました。でも、高校で大きなオーディションに参加したんですが、その時にたくさんのすごい才能をみて、結局、落ちて。落ち込みましたね。挫折です。はじめて「踊ること、歌うこと」が怖いと思ったんです。そんなタイミングで母から「美容はどう?」って言われて……。「表面的な美しさだけでなく、精神的にも内側から美しくなれることを勉強したい」。そんな思いが強くて、やっと見つけたのが山野でした。技術だけじゃない、知識も教養も含めて学びたい。そう思ったんです。

自分の知らない世界は、すぐ近くにあった。

山野の先生は「たくさん相談に乗ってくれた」って言葉が一番ふさわしい気がします。実はそのころもまだ舞台をやっていて「あきらめろ」と言わずに、「なぜやりたいのか」を一緒に考えてくれました。それから友達も刺激的でした。コスプレが大好きな子がいて「なんでそんなカッコウするの?」って聞いたら「自分じゃない、誰かになれるから」って返ってきました。それって舞台とおんなじだ、って。人に対する見方、モノに対する考え方が狭かったって、思えたんです。

美容に逃げているのかもしれない。

就職活動の時に、まだ悩んでいて。実は……、舞台の仲間に「美容に逃げた」って思われたくなかったんです。先生に正直にそのことを相談したら「水島さんの好きなことをやったら」って言われて。その時、初めて「自分は美容が好きなんだ」ってちゃんとわかったんです。「逃げじゃない。選んだんだ」って。そうしたらどんどん考えがまとまって「美容界で活躍するぞ!」って。「新人の中でNO.1になるぞ!」って、踏み出せる気持ちになれたんです。

「仕事を辞める」ではなく、
「好きなことに進む」と思えた。

実際にエステの会社に就職して、本当にその代の新人トップの成績で表彰されて、先生にも報告に行って、嬉しいはずなんですけど、何かが違うように感じてきて。自分の中でストレスが溜まっていったんです。やっぱり、一人一人と向き合いながら、お客さまそれぞれの外側だけでなく、内面から生まれる美しさを磨けるようなお手伝いをしたい、と思うようになって。それで、先生に報告に行ったんです。やっぱりちょっと気まずいですよ。「NO.1になるって宣言して、もう辞めるの?」っていう感じじゃないですか。そうしたら「水島さんの好きなことをやったら」って、また言われたんです。だから、今は好きなことをやっています。もし、先生に出会っていなかったら、今も人生を迷っているかもしれない。決断!なんて力をいれなくても、きっと好きなことに進むことで、自然と決断していけるんだ、と思います。

道をまちがえた。いい意味で。

株式会社BLP

岡部 千尋

伸びた力→実現力

もともと、美容師になりたいって思っていなかったんです。

ずっと介護福祉士になりたいと思っていました。中学生の時に、毎日祖母の介護をお手伝いしていたんです。祖母は私が病院に来ると、髪を整えたり、まゆ毛を描いたり、口紅を塗ったり、ベッドの中でも身だしなみを気にする人でした。その時は、福祉と美容が繋がっていなかったんですけど、キレイにしてあげられるようなケアができたらいいなとはずっと思っていました。ある時、福祉とネットで検索してみたら、美容福祉っていう言葉が目に入ったんです。すぐに「これだ!」と思いましたね。それが、山野のホームページだったんです。美容福祉は山野でしか学べないということが分かって、美容師になるというより福祉の道を進むつもりで、山野を受けました。

いきなり、逆の発想が浮かんだ。

山野にいる間に美容師の免許を取りました。福祉の方でちょっと美容を活かせたらいいかなという感じです。専攻科へ進学したかったので、4年間、在学しました。学べる環境がたくさんあるので、学校にいる間はできるだけいろんなことを経験しようと思っていました。ヘアショーも参加しましたし、アロマテラピー、花嫁着付師とか取れる資格はできるだけ取りましたね。もし夢半ばで実現できなかったとしても、着付師にもなれるかなあって思って。美容福祉のアイディアを論文にまとめて発表するシンポジウムにも参加しました。その時に初めて気づいたんです。美容と福祉を活かしていくには、美容の技術がないとできないっていうことに。それが4年生の時です。美容師の資格を取っただけでは美容師になれない。技術がないと、できることって限られてくるんだ、と。美容師の技術を身につけてから福祉の道に進もうと方向転換しました。30歳まで福祉をやってから美容師になろうと思っても、現場に飛び込めるかといったら厳しい。長い下積みとそれに耐える体力、精神力も必要です。逆に美容師から介護に行く分には、いつでもいけるなと思いました。急遽、訪問美容をやっているヘアサロンに絞って就活しました。

かけがえのない人。

当初の目的を忘れてしまうほど、がむしゃらにヘアサロンで働きました。責任ある役職も任されたりして、その会社で骨を埋める覚悟で(笑)。でもある時、10年一緒に働いていた先輩から一緒に独立しようって誘われたんです。その時に、訪問美容の夢を思い出しました。結局、先輩とはご縁がなくて、私と後輩2人で独立。バリアフリーのヘアサロンをつくりました。一生一緒に働ける環境をつくろうと決め、以前からカフェもやりたいと後輩が言っていたので、2年半後にはカフェもオープン。山野の友達からはレシピを考えてくださるフードスタイリストさんを紹介していただきました。ワインの仕入先は、山野の先生に相談しました。卒業して10数年経っていますけど、今も何かと連絡をとっています。学生時代、親が連絡が取れないと突然おしかけてきたことがありました。その時、先生に間に入ってもらったんです。親も先生のことをすごく信頼してくれて……。そんなこともあって、なんか自分にとっては、東京の親みたいな存在になっているんですよね。今は、訪問美容の夢に向けていろいろ構想中です。髪を切りにお宅に訪問するだけでなく、送迎バスを用意してヘアサロンに通うことの喜びを感じて欲しいと思っています。これからもたくさん悩みや問題が出てくると思うんですけど、困ったときは山野の先生がいる、って思える。だからこそ、いろんなことに挑戦し、前に進めるんだと思います。

「わかりません」と、言える自信。

株式会社三越伊勢丹

伊藤 彩香

伸びた力→人と話す力

人見知りの壁が壊された。

私、人見知りだったんです。高校生の時は会話が苦手で、初めての人はとくに緊張して、言葉が出てこないし続かない。そんな私が、山野のオープンキャンパスでは、自然と話していました。もちろん自分から話しかけることなんてできません。オープンキャンパスにいた先輩たちが見ていてくれて、私が緊張しないように、ムリなく声をかけてくれたんです。初めてなのにラクに話せる。そんな自分に、そして、山野に驚きました。でも、もっと驚いたのは山野に入ってから。先輩より先生。先生の壁を乗り越える力がすごかったです。私の人見知りの壁を壊す!つまり、今まで長い間、私の前にそびえていた壁がなくなってしまう感じです。クラスがコンパクトで、さまざまなイベントがあって、みんながひとつになれる。そこにいつも先生がいる。クラスメートや友達と同じようにフツーにFacebookで繋がっている。学校で唐揚げパーティーもしました。いろんな話をしてくれて、自分と一緒にいてくれる時間も長くて、大人だけど、友達のような存在でした。気がつくと、話すのが楽しくなっていました。

人と話すたびに、自分のことがわかっていく。

たとえば、American School in Japanというインターナショナルスクールの外国人の方に着物を着付けする国際交流があります。先生、先輩、後輩、外国の方……。さまざまな方と接するイベントです。言語も、考え方も、発想も、性格も違ういろんな人と出会います。とくに海外の方は着物を着付けるとすごく喜んでくれて、ダイレクトに伝わって。いろいろな人と接しているうちに「私は、なんで今まで殻に閉じこもっていたんだろう。自分が守ろうとしていた世界って、なんて小さいんだろう」って思えたんです。今までの私は何か悩んでいることがあると、考え込んで、パンクしていた。そうなる前に、一歩自分から踏み出してみよう、殻を壊して飛び出してみようと思えるようになりました。

あのころから一番遠い自分。

山野で着付けの授業があって、着付の免許もいただいたのだから、それを活かしたい。着物を売るなら、日本一のお店で売りたい。その想いがかなって、今は、百貨店で着物の販売をしています。お客様は年齢層が高めの方も多く、知識も豊富でいらっしゃいます。そのような方の前では、自分はまだ知識が足りないと、ちゃんと認める。あえて「お客様に教わる」という姿勢をとっています。わからないから一歩下がるのではなく、わからないからこそ、一歩前へ出る。そうすることで、萎縮せずにお話できるようになりました。着物の販売は、お客様に寄り添い、お客様と深く関わるお仕事です。個人のお客様からそのご家族、交友関係やお仕事関係の方までご紹介いただいたり、普段のお着物からご結婚式のお着物、結納品まで、幅広いシーンや人生の節目に関わることができます。たった一つの会話が慎重になるし、意味をもってきます。「伊藤さんに、見繕ってほしい」と言われたときに、一番やりがいを感じますし、お客様と密に関わる時間が一番楽しい。人見知りだったあの頃の自分には、想像できなかったことです。山野に行ってなかったら、こんな自分はいなかったと思います。

学生は、遊びたい。

YON-KA セラピスト

小嶋 彩美

伸びた力→次にいける力

正直、バイトばかりしていた時もあった。

学生時代はまじめに一生懸命やっていました!と、胸を張って言えないです(笑)。友だちも増えて、行動範囲も広がって、楽しいこともたくさんあるし。学校の授業が中心、というよりも学生生活が中心でした。でも、エステは好きでした。小学生のころから新体操をしていて、今考えても、ストイックだと思うんですけど、1週間で2〜3キロ落とすことが当たり前のような生活をしていました。体の持つ美しさや繊細さがすごく好きだったんです。だから就職も迷わずエステで行こうと決めていました。

会社説明会では、どこもいいことを言う。

「どこの企業を受けようか」と考えた時に、「体験して決めよう」と思いました。会社説明会では見えない本当の姿を知りたかったんです。お金は大変だったけれど、大手と言われている企業にお客さんとして行ってみて、一番行きたいところに決めよう、と考えたんです。そうしたら、その差が歴然とありました。子ども扱いする企業、しつこく勧誘してくる企業……。そんな中で私を一人の人間として丁寧に接してくれた企業があって「ここだ」と思いました。

エステって、なんですか。

行きたかった企業に就職して3年目の時「もっと上の技術を目ざしたい」という思いに駆られ山野の先生へ相談に行きました。先生から4人のエステティシャンの方を紹介していただきました。その中の1人の方にフェイシャルをしていただいている時に、自分の気持ちがとてもラクになって、力が抜けていって、そうしたら温かい気持ちに包まれていって、涙が止まらなくなってしまったんです。人生で初めての経験でした。あせっていることや、力んでいること、自分の矛盾がたくさん流れていって、すごく安心感があふれていって……。その日のことを先生に報告したら「エステティシャンはね、技術も大切だけど、最後はコミュニケーションなのよ」って、言われました。話すだけでなく、触れることも、その人との距離をはかることも、すべてがコミュニケーション。エステで最も大切なことを、私の大切な時期に、体験として教わりました。

山野は、待っててくれる。

山野って卒業した後に、すごさがわかってきます。たとえば教えてくれる先生のレベル。今、考えると、1時間授業を受けなかっただけで損をしていた、と後悔します。あと先生の一流ネットワークの広さ。「この業界のほとんどと、つながってる!」と思うほど。それから、お花や、お茶、着物といった伝承美。直接的にこれがいいと、いうわけではないのですが、豊かさや美しさをたくさんいただきました。そういった目に見えないものが、人と接する時に大きな意味をもってくるのだと、今はよくわかります。そしてやっぱり、今も、受け入れてくれる先生のやさしさです。変にベタベタしないから、相談したい時にだけ、話しにいける。この距離感に助けられている卒業生はたくさんいると思います。いつでも帰れる、と思える場所があると心強いんです。ありがたさって、後になってわかるもの。私はそれでいいと思っています。

授業はバイト代で払った。つまんなかったら、とっくにやめてる!

TOM FORD BEAUTY

上村 のぞみ

伸びた力→分析力

両親に反対された。

「4大に行きなさい」と、両親に言われました。しかも、山野は短大の割に学費は高い。でも、中学からメイクが好きだったし、それに、正直に言うと、もう勉強をしたくなかったんです。「自分もバイトしながら授業料を払うから」ということで両親をなんとか説得。やっと入れた山野では、休みなしでバイトをしながら、それでもヘアショーやイベントに全部参加しました。宿題もそれなりにありました。すごい大変でした。だから、山野が本当に楽しくなかったら、こんな生活続けられなかったし、山野をやめてる。楽しいっていうのが、すべてのエネルギーでした。

国コミは、授業より休み時間。

正直、授業より休み時間の方が記憶が濃いです。でも、きっとこんな休み時間は山野でしか体験できないと思います。まず、月1でパーティーがあります。タコスパーティー。みんなでCOSTCOに行って、ピザやティラミスを買って食べるパーティー。みんなで過ごす休み時間も大好きだった。英語センターがみんなのたまり場になっていて、ジョン先生とおしゃべりするんです。おかしを開けて、常にみんなでしゃべってるんですけど、日本語じゃない。先生に日本語で話しかけても、英語で返してくる。それに洋楽とか映画が流れていて、アメリカンスクールみたいな空気になるんです。そうすると自然に英語を話してしまう。だから、普段から英語を使うことの抵抗がなくなっていくんです。身振り手振りでどうにかしたら伝わるっていうのが経験からわかってくる。それが今の仕事にも生きています。新宿伊勢丹には、外国人のお客様も多くいらっしゃいます。ジョン先生が私に話しかけてくれたように、私も外国人のお客様に話しかける。メイクをさせていただくときは、たとえば「普段の服装はどのようなものを着られていますか?」と会話をしたり。あの休み時間で培った日常英会話が、今の私を助けてくれています。

いろんなメイクが、私の中に積もっていった。

山野での経験は、今、仕事の現場にたくさん生かされています。たとえば、メイクの授業。学生同士でモデルになって、メイクをし合うことで、人に触れる恐怖感や力加減とかが、わかっていきます。ヘアショーでは人魚のメイクをしました。水色や白を基調にすると、ライトで色が飛んでしまう。淡さを表現したいけど、スポットライトに耐えるくらい強く発色させないといけない。メイクの商品を変えては、ライトに当てて発色をみたりと、試行錯誤を繰り返しました。たどり着いたのが、水色のクリームアイシャドウに、水色の粉のアイシャドウをのせること。白のアイメイクにはラメを混ぜました。その技術とアイディアが、今、「しっかり色をのせたい」と希望される外国人のお客様に喜ばれています。American School in Japanで、外国人の方に着物やメイクをした経験は、外国人のお客様の対応にも生きています。骨格が違うと、色を入れるポイントも違ってくるんです。言語も違う、メイクも違う。もし、初めての経験だったら、あせりまくっていたと思います。知らない間に私は準備できていたんです。

山野は、アメリカだった。

株式会社ARTS-WagoN

山下 博司

伸びた力→実践力

もちろん、だいたいが日本人です。

だけど、いろんな人種がいる。キャラって言った方がいいのかな。学力、年齢、生まれも、育ちもバラバラ。いろんな地域でやんちゃやってたんだろうなっていう人たちが150人くらい。「とがらなきゃ埋もれる」っていう不安を感じてしまうほど、外見も中身も派手なヤツらの集まりでした。みんな自分の才能やセンスに自信があって、「負けないぞ」っていうオーラがあって。でも、美容が好きっていう根っこのところでつながっているから仲間だと思える。卒業して8年経つと、店長になったり、独立したり、パリで働いていたり、みんないろんな道を進んでいるけど、いまだに連絡を取り合っているし、それぞれで会ったり、同窓会も開いたりしている。でも、それだけじゃなくて、仕事の打診が来たり、逆に相談したりもしています。

人と話すたびに、自分のことがわかっていく。

昔から活字が苦手なんです。本からインプットできない分、人から吸収しようと思って、学生時代から人間観察を始めました。「あいつの明るく元気なあいさつはいいな」とか、「あいつのマイナスな発言って、いい空気つくらないな」とか。気づいたことを全部ノートにメモしていました。韓国の留学生からは、自分のヌルさを知りましたね。日本の技術を学ぶためにお金をかけて山野に来ていたから、日本の学生と比べて本気度が違う。しかも、韓国で美容師として働いていたから、プロの意識で授業を受けている。授業中に居眠りしている日本の学生を見て、すごくもったいないと怒っていました。よく質問もしていました。たとえば、超一流サロンを出ている平田先生には「どういう人が成功していくのか?」とか。自分に厳しいスタイリストが勝ち残っていくと聞いて、プロの意識を鍛えようと思いました。それから1つの角度からではなく、いろいろな角度から考えるクセもつけていきました。そのクセは、ヘアメイクだった時も、今の仕事でも活きています。いろんなリスクを想定して、撮影に挑む。そうすると、本番でほぼ失敗しないんです。打ち合わせでは、相手のいいところを見て、ポジティブな意見を言う。みんなが自信を持って意見を言い合えるようになって、いいアイディアが生まれたりします。

「好き」と「知ってる」は危うい。

僕は、好きって気持ちは曖昧だと思っているんです。好きだと思っていたのに、大変な部分が見えてきて、気持ちが揺らいだりする。だから、僕は好きだなって思ったら、一旦とことん好きになってみる。でも、やるからには考えて考えて石橋を叩きまくる。だからあまり失敗しないですね。ビビりな性格がプラスになるもんだと発見しました(笑)。それから今はネットやSNSやらで、情報はあふれているけど「知っている」と、「やっている」は違う。知っているはただの話のネタ。やってきたは実績。先生に「それは社会に通用しないよ」って言われて、「社会に出てからやればいいじゃん」って思う人がよくいるけど、やったことがないのにすぐできるわけがない。「つまり、知ってる」と同じです。だから僕は、大学時代に無遅刻、無欠席、皆勤を目ざした。体調を崩さないように働くってどういうことか、学生の時に体験した。そういうことが今の自分の筋肉になっていると実感しています。