YAMATANが大切にする3つのポイント

  • HOME
  • 学校概要
  • YAMATANが大切にする3つのポイント

YAMATANが大切にする3つのポイント

POINT1「なぜなぜ人間」になる!
「なぜ、その髪型はかっこいいのか」「なぜ、その人は感じがいいのか」「なぜ、自分は、今こんなことをしゃべっているのか」。ふだん、「なぜ」と追及しないようなことを徹底的に探ってみる。たとえば、感じのいい人は、話し方、声のトーン、話す言葉のチョイス、目線、服の色、相手の話を聞く態度、距離感……。 そんなさまざまな具体的な要素から成り立っていたりする。「なぜ」には、すべて理由がある。それを知った時、初めて納得できる。自分が1つ広がる瞬間です。知識が感動に変わって自分のものになっていく。考え方の道筋ができていく。それを山短では、基礎力といいます。あなたも、「なぜなぜ人間」になってみませんか。
POINT2「美容な人」になる!
3つの専攻どこを選んだとしても、ヘア、メイク、ネイル、スキンケア、ブライダル、着付けを学びます。つまり。「国際美容コミュニケーション専攻だからネイルはやれない」がない。このシステムがあるからこそ、学生たちは自分の人生のビジョンを何度も修正できる。「失敗した!間違った!本当は、ネイルに進みたかったんだ」と後悔する必要がありません。山短は美容芸術短期大学です。美容のすべてに浸かって、芸術的な発想の広がりを持って、自由に飛び立っていってください。
POINT3「使える引き出し」をもてる。
「自分の引き出しをもつ」というのは、誰にも当てはまることです。正直、よく聞く言葉です。でも、大切なのは引き出しを増やすことではありません。使えるようにすること、知っているだけでは、やがて忘れてしまう。一生使わない引き出しが増えていくだけです。一つの知識や情報を議論し、ワークショップなどで経験し、そして活かしていく。「今知ったことは、こんな場面で活かせるんだ」「と、すると、友だちとの場面や、バイト先にも活かせるかもしれない」。こんな風に自分の日常の中で実際に使えるようになっていく。そんな日々の連続が、やがて社会に出た時に意味をもっていきます。経営学は、店長として経営に携わった時や、独立した時に。美容福祉は、高齢のお客様と接した時に。使える引き出しと、使えない引き出し。この差がコミュニケーション力や、その場で考え判断していく力の差になっていきます。お客様に「ありがとう」と言われるのか、言われないかの差になっていきます。感動がない限り、感謝はされません。すべて使える引き出しをもって、社会で活躍してください。
オープンキャンパス今すぐ申込み 学校見学 資料請求